(告知) 大和海戦 Day 2: 紅白戦デモ - 5/18(水)22:00-23:00 

みなさん、こんばんわ!

大和海戦関連、来週5/18(水)はDay2を予定しています。今回も海戦向けデモを予定しています。今回も初心者のみならず、ご興味がある方、お時間が合う方、はたまたトレジャーイベントの息抜きに、奮ってご参加頂けますようお待ちしております。Day1では操舵と砲手の基本動作を確認しましたが、Day2では複数の船を使用した紅白戦デモを行います

 

※ 海戦は「操船する」或いは「大砲を打つ」の連続。難しい操作はありませんので、どなたでも参加可能です

 

Day1でも出雲シャードのゲンゴロウさんとお仲間の皆様、そしてミケさんらがご参加されて、沢山のアドバイスを頂戴しました。感謝極致です。

 

※ 以下は実施概要及び基本ルールとなります。この内容をベースとして、模擬戦及び本戦まで必要箇所を修正/追記いたします。下線箇所は前回のDay1ルールからの変化点ですので、ご留意下さい。

 

【スケジュール】

日時: 2022/5/18 (水)22:00-23:00
集合場所: 大和ベスパー銀行前
実施場所: 大和フェルッカ
実況: YouTube配信「大和さん」

 

【実施概要】

  • ガーゴイル船を使用します。
  • 実戦形式(2vs2)として4隻によるデモンストレーションを行います。今回も2回デモを行う想定です。1回目と2回目の間に修理を行います
  • 出発時にチーム分けをしますので、ご参加の方々はどちらかのチームにお入り下さい。
  • 陣地に移動、乗船、直ぐに戦闘を開始します。戦闘時間は30分~40分を想定しています。
  • 見学希望の方々は、前回同様に戦闘艦に乗船して頂きます。戦闘の妨げにならないように船倉付近でご見学下さい。
  • 試合開始から5分以内にリーダーが何らかの理由で接続不能になった場合、競技をやり直します。
  •  船が撃沈状態になった場合、砲撃を直ちに停止して、各船員毎撃沈マーカーを甲板上に置いて下さい。

 

【基本ルール】

#1_人数と構成:

  • 1チーム3名として、操舵担当1名、他2名は砲手の構成となります。但し、操舵担当も大砲を発射する事も可能です。
  • 操舵担当が船長です(白組:Kuniさん&Vladさん、赤組:Zariganiさん&Azuさん)
  • デモ中に各チーム内での役割変更も随時可能ですので、今回ご参加される方は船長に相談しながら順番にご体験下さい。

#2_ 海域/境界線:

  • Day1と同じ

#3_禁止事項:

  • 大砲以外の攻撃(魔法・武器・紫ポーションその他)は一切禁止です。また、配布した砲弾以外(散弾等)も使用禁止です。
  •  試合中は競技海域から外に出ないようにして下さい。
  •  自動反撃で相手チーム選手を傷つけてしまう恐れがあるので、弓・ブーメランは装備しないで下さい。

#4_事前配布:

  • 導火線、砲弾、撃沈マーカー等々、海戦に必要なアイテムを集合時に配布しますので、御身一つでご参加下さい。

#5_その他:

  • 今後本戦迄フェルッカで実施します。今後の状況に鑑み、海域は移動するかもしれませんが、その場合には改めてお知らせします。
  • ご不明な点或いはご懸念ありましたら、大変お手数でもご連絡頂ければ有難いです。

以下は前回5/11の様子です。画像は些か迫力不足ですので、ご興味のある方は配信をご覧いただけますと幸いです(拙い配信で恐縮です(-_-;))

 

www.youtube.com

 

5/11 Day 1#1

 

5/11 Day 1 #2

 

5/11 Day 1 #3

引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

 

大和首長会広報担当

Sun 

 

 

ダスタード酒場 (毎週土曜日22:00~)

 

みなさん、こんばんわ!

ジェロームニュースの中で何度も言及されている「ダスタード酒場」を簡単にご紹介したいと思います。

 

「ダスタード酒場」は、日本シャードの中でも最古参な酒場の一つです。UOの歴史と共に、長年(どのくらい昔に始まったか不明)営業を続けています。その間、店主さんの交代もあったそうですが、常連の方々のみならず多くのプレイヤーから厚い信頼&支援を受けて、場所は変わらずダスタード入り口を入ってすぐの場所で、毎週土曜日夜に営業しています。

 

【営業】毎週土曜日22時~25時半
【店主】つねよしさん

【場所】ダスタードLV1入口

 

※ 本日(5/14) はつねよしさんがお休みの為、代理の店主さんの予定です。どうぞお楽しみに!

 

先月末よりトレジャーイベント絶賛開催中ですが、パラゴンもMPKもなんのその、ダスタード酒場もまた絶賛営業です。MAF集めの合間にちょっと一息な休憩場所としてお立ち寄りされてはいかがでしょうか。ちょっと様子見程度でも勿論OK。酒場なのでUOに限らず色んな話題が飛び交いますのでROM専でもOK。以下は先週土曜日(5/7)のダスタード酒場の様子です。

いつもの酒場風景(2021年12月 )

 

トレジャーイベント開催中

トレジャーイベント開催中 ※休憩中

トレジャーイベント開催中 ※ パラゴン撃退

トレジャーイベント開催中 ※MPKらしき戦士さんがカウンターに乱入Σ( ̄ロ ̄lll)

トレジャーイベント開催中 ※堅牢な防衛線

トレジャーイベント開催中 ※ダンジョンな風景

トレジャーイベント開催中 ※MPKさんにも即時回復>優しい風景

トレジャーイベント開催中 ※ リーバ先生ありがとう

トレジャーイベント開催中 ※LV100もホリホリ元気いっぱい

トレジャーイベント開催中 ※ 酒場終了後はみんな揃ってご挨拶

Sun

 

 

大和布博物館オープン

みなさん、こんにちわ!

本日大和布博物館がオープンいたしました。

NPC布を中心にしてレア布を含む約500種類の大量の布が展示されています。皆さまお誘いあわせの上、お立ち寄り頂けますようお待ちしております。

 

【布博物館】    
1F: エントランスエリア/アーマーセットコーナー/バーコーナー

2F: 布博物館 
3F: 図書コーナー/休憩エリア 

 

【主展示物】

1F: アーマーセット類 (シギル染めフルプレートセット含)10体
2F: NPC布、レアカラー布、染めタブ 
3F:「ジェロームニュース(2021/11月号~)」、「ケントの冒険」、タウンクライヤーニュース、ブリタニアニューススクラップ(一部)、九街本  


※ 全展示物の目録は現在整備中です。公開まで今しばらくお待ちください。
※ 2F及び3Fの展示物は今後も順次追加予定です。

※「ジェロームニュース」は、基本的に毎月ベースで、月初め第一週目土曜日のダスタード酒場で配布しております。今後も大いにご期待下さい。

 

【お問い合わせ先】

布博物館或いは展示図書類に関するお問い合わせやとご要望は、スカラブレイYAMA首長(館長)あるいは トリンシックKENT首長(副館長)迄ご連絡頂きたくお願いいたします。

 

ロケーション(トランメル座標:132o 5'S 56o 57'E)

2F 布博物館

3F  図書コーナー/休憩エリア

何卒よろしくお願いいたします。

大和首長会広報担当

Sun

 

 

(報告)2022/5/8(日)22:00~23:00「非公式大和評議会(仮)」議事録

大和首長会広報担当のSunです。

 

本日は「非公式大和評議会(仮)」へのご参加及び実況中継をご視聴頂きまして誠に有難うございました。

 

【日時】2022/5/8 (日)22:00-23:00

【於】ブラックソーン城『評議会の間』

【出席者】市民有志の皆様及び大和各街首長

【議事進行】ブリティン首長

【議事録】以下の通り

 

ダスタードの話題を中心に、以下内容で各首長より報告及び情報共有が行われました。

 

1.  議事要約:

  • レルヴィニアンの実験副作用(→菌糸体増殖)関連、食物連鎖の影響か?ダンジョンではドラゴン達が狂暴化、そして色付きウサギ同様の突然変異か?新たなモンスターも出現
  • 緑孔雀のテイムを試みたが不成功であった。
  • 今回のダスタード内の異変と水エレの関連性について、過去のライキューム精霊部の調査結果を聞きたい→今後の研究の為にもより多くのサンプル収集が必要
  • 菌と言えば今後の湿気が強くなる季節。より一層の警戒が必要となるであろう。併せて、トクノ方面の専門家からもも情報を収集したい。
  • 水エレエリアでの釣りと狩りを楽しむ尚勇の戦士
  • ダスタードイベント交換品(布とアンク)
  • 戦利品について(色相:2755=新色)
  • 首長会ツアー報告
  • 菌類から連想される今後の食に関する研究対象(トクノの料理事情や毒研究含)
  • 魔法を使うリーパーに対する注意喚起
  • 布博物館オープン告知

 

2. 次回開催スケジュール:

次回は2022/7/3 (日)22:00-23:00を予定しています。

 

www.youtube.com

 

3. 議事メモ

Roger Bacon V: こんばんは
Sun: よろしくお願いします
OGA III: こばわー
YAMA: KBW!
OGA III: いただきます
KENT: ^^
KENT: にこにこ
OGA III: ありがとー
OGA III: ^^
gura: おはよー
KENT: こいつは俺のオゴリだ!
OGA III: ワァオ!
Roger Bacon V: 定刻ですね。
Roger Bacon V: 皆様おすわりください
Roger Bacon V: ブリタニアの各街首長殿、及び市民の皆様
Roger Bacon V: ようこそ参られました。
Roger Bacon V: 今回は第20期第5回目の評議会(仮)であり、
Roger Bacon V: 今期最後の評議会(仮)でもあります。
Roger Bacon V: 前回の評議会(仮)は欠席致しまして、
Roger Bacon V: 申し訳ありませんでした。
Roger Bacon V: さて、新緑の季節を迎え、ブリタニアの生命の息吹が
Roger Bacon V: あちこちから聞こえるようになってきました。
Roger Bacon V: 樹木でさえ毎年新しい葉を出すのですから、
Roger Bacon V: 我々も日々新しい何かを生み出して行きましょう。
gura: 季節ですね
Roger Bacon V: とても良い季節になりましたね

gura: そうですね
Roger Bacon V: さて
Roger Bacon V: 本日はミノック首長殿およびムーングロウ首長殿
Sun: はい、清々しい季節になりましたね
Roger Bacon V: より欠席の連絡を受けております。
gura: かしこまりました
Roger Bacon V: 本日も議題が目白押しでありますので、
Roger Bacon V: 首長の皆様がたの活発な議論を期待します。
Roger Bacon V: 各首長殿個別にご意見を伺う余裕がありませんので、
Roger Bacon V: その都度、活発にご発言ください。
Sun: 承知いたしました
gura: かしこまりました。
Roger Bacon V: まず、なんと言ってもダスタードに強力な
Roger Bacon V: モンスターが多数発生していることは、
Roger Bacon V: 皆様ご存知かと思います。
Roger Bacon V: 私も視察をして来ましたが、元々存在していた
gura: ダスタードの方ですごいことになってますね・・
Roger Bacon V: ドラゴン族のみならず、今回は妖精族まで
Roger Bacon V: 洞窟内を闊歩しており、妖精族の怒りに似た
Roger Bacon V: 気配を感じました。
gura: そうですね
Roger Bacon V: 確かに大混乱ですね
Roger Bacon V: 冒険者諸氏の健闘により、モンスターどもは
Roger Bacon V: ダスタード内に押し留められておるようですが、
gura: ダスタードでドラゴンの姿を見るのは慣れておりましたが、妖精族を見るというのは慣れないため
Roger Bacon V: ええ、確かに
gura: かなり困惑しましたね・・
Roger Bacon V: その通りですね
Roger Bacon V: ダスタード内に押し留められておるようですが、
gura: 多くの冒険者の方々の活躍もあって
gura: そうですね
Roger Bacon V: いつ外に出てくるやも知れず、首長の皆様に
Roger Bacon V: おかれては監視を十分に行って頂けているはず。
Roger Bacon V: そこで、各首長殿にダスタードの戦況および
Roger Bacon V: 交換品の情報など、共有しておきたいことが
gura: おっしゃる通り、ダスタードの外にまではまだ被害が拡大されてないのは幸いだと思います
Roger Bacon V: あれば、是非ご発言頂きたい。
Roger Bacon V: どなたかいらっしゃるかな?
Sun: はい
Sun: では
Roger Bacon V: ベスパー首長殿
Roger Bacon V: どうぞ
Sun: 私から報告させて頂きますね
Roger Bacon V: よろしくお願いします
Sun: レルビニアンの実験の副産物でキノコが大量発生して
Sun: キノコ菌糸体と他の植物の根が地中で結合したようです。
Roger Bacon V: ふむふむ
Sun: そして植物を食した動物達が狂暴化したようです。
Sun: そして、生態系の中で循環する食物連鎖により
Sun: ダンジョン内に住まうモンスター達もまた同様に狂暴化している状況のようです。
Roger Bacon V: なるほど
Roger Bacon V: ここでもまた
Sun: 生態系ピラミッドの上位にいるドラゴン達にも同様であり、
gura: なるほど
Roger Bacon V: 食が
Roger Bacon V: 出てきましたね
Sun: はい、食物連鎖
Sun: の話になりますかね
Roger Bacon V: 実に興味深い
gura: なるほど・・
Sun: のみならず孔雀系の新型モンスターも出現しています。
Roger Bacon V: おお、それです
YAMA: おお
Sun: 色付きウサギと同様、これも突然変異なのでしょう。
Roger Bacon V: 突然変異ですか
Roger Bacon V: あの緑孔雀は
Roger Bacon V: どうやっても
Sun: そのように思いましたが
Roger Bacon V: テイム出来ませんでした
Sun: おお
Sun: 試して見られましたか
Roger Bacon V: 悔しいですね
Roger Bacon V: ええ、何度も試したのですが
Sun: なんと勇猛な
Roger Bacon V: だめでした
gura: なんと
gura: テイムを挑戦されてるとは
Roger Bacon V: 外見は特に美しいので
gura: そうですね
Sun: そうですね
gura: あの美しさを感じ取れる外見だと
gura: 落ち着かせることができれば
gura: 人気のあるペットとして愛されることもあるのだろうなと
gura: 考えてしまいますね
Roger Bacon V: いやあ、まさにそこですね
Roger Bacon V: テイムの際に
Roger Bacon V: 動物が怒り状態になることは
Roger Bacon V: 結構ありますので
Roger Bacon V: ダスタードのかの生命も
Roger Bacon V: 常に怒っている状態なのかも
Roger Bacon V: しれませんね
gura: なるほど・・
Roger Bacon V: その辺りも
gura: 今のこの異変が落ち着いた後なら
Roger Bacon V: ええ
gura: もしかすると、と考えたくなりますね
Roger Bacon V: その辺りも
Sun: 人気がええ
Roger Bacon V: 考察を深めたいのですが
Roger Bacon V: なにせパラゴンが
Roger Bacon V: 高速移動しておりますしね
Roger Bacon V: なかなか恐ろしい場所であります
gura: そうですね・・
Roger Bacon V: そういえば
Sun: 分散しておりますので
Roger Bacon V: 緑孔雀については
Sun: 大変危険
Roger Bacon V: テイム出来なかったものの
Sun: ですね
Roger Bacon V: Treasures of Fey Wrath
Roger Bacon V: の名が入った
Roger Bacon V: プラチナドレイクと
Roger Bacon V: クリムゾンドレイクを
Roger Bacon V: テイムしておきました
gura: おおお
Sun: おおお
gura: 見事です
Roger Bacon V: なかなか危険なところでしたが
Sun: それはテイマー冥利に尽きますね
Roger Bacon V: どうにかテイム出来ました
Roger Bacon V: いや、全く
Roger Bacon V: かわいがってやりたいものですね
Roger Bacon V: ところで
Roger Bacon V: KENT首長
Roger Bacon V: ダスタードには
Roger Bacon V: 足をお運びになられましたかな?
KENT: はい
Roger Bacon V: おお
Roger Bacon V: ぜひご乾燥を
YAMA: おお
Roger Bacon V: ご感想を
KENT: 行きました
KENT: むしろ
Roger Bacon V: お伺いいたしたい
KENT: 逝きました
Roger Bacon V: ふむふむ
KENT: 何度も・・・
KENT: 何度も・・・
KENT: ^^
KENT: にこにこ
Roger Bacon V: ふむふむ
gura: なんと
Roger Bacon V: 死してなお
Sun: 私も何度も逝っています!
Roger Bacon V: ダスタードに赴いて
Roger Bacon V: らっしゃるのですか
Roger Bacon V: 騎士の街
Roger Bacon V: トリンシックの首長
Roger Bacon V: なるほど感服いたしました
Roger Bacon V: 今後も
Roger Bacon V: ご活躍ください
KENT: ありがとうございます
Roger Bacon V: そのダスタードですが、以前国王陛下の命に
KENT: (笑)
Roger Bacon V: より水エレ調査隊が結成されたことは
Roger Bacon V: ご記憶にあると思います。
Roger Bacon V: ライキューム精霊部・カバリス教授の
Roger Bacon V: 同行もあり、興味深い結果が得られました。
Roger Bacon V: 今回のダスタードの異変と水エレの関連に
Roger Bacon V: ついては、ガバリス教授に再度意見を聴取する
Roger Bacon V: 必要がありそうですね。
gura: そうですね
Sun: はい
Roger Bacon V: ライキュームと
Roger Bacon V: 言えば
Roger Bacon V: ムーングロウ首長殿の
Roger Bacon V: 管轄ですので
Roger Bacon V: またいらっしゃった時にでも
Roger Bacon V: お伺いしましょう
Sun: そういえば
Roger Bacon V: ええ
Sun: 今朝の状況ですと、水エレの姿はまばらでした。
Sun: ダスタードです
Roger Bacon V: ほほう
gura: なるほど
Roger Bacon V: それは
Sun: エレメンタル系モンスターにキノコ影響は無いか?
Roger Bacon V: ふむふむ
Sun: このままダスタードの水エレの数は減少していくのか?
gura: 以前のあの水エレの調査結果が
Sun: この点もライキュームによる追加調査が必要と思います。
Roger Bacon V: 確かにそのとおりですね
gura: 今回の異変に関しての調査に役立つものもありそうですし
gura: 興味深いところになりますね
Roger Bacon V: あの時は
Roger Bacon V: 水エレに
Roger Bacon V: 色々なものを
Roger Bacon V: 投げ入れて
Sun: ええ
Roger Bacon V: 反応を見ていましたね
Roger Bacon V: 菌類が
Roger Bacon V: 投げ込まれた記憶は
gura: ですね
Roger Bacon V: ありませんでしたので
Roger Bacon V: 調査が必要でしょう
Sun: はい

gura: おっしゃる通りですね
Sun: おっしゃるとおりですね
gura: 確か色々投げ込まれてましたね・・
Roger Bacon V: なるほどなるほど。ライキュームに菌類学部
Roger Bacon V: があるかどうか確認しておく必要がありそう
Roger Bacon V: ですね。
Sun: 私が懸念しているのは
Roger Bacon V: ええ
YAMA: 湿気のせいで菌が育ってしまう可能性もありますしね
Roger Bacon V: ふむふむ
Roger Bacon V: その通りですね
gura: なるほど
gura: そういう意味では
Sun: 水エレの生息地帯が減少となると、ブリタニア全体の生態系にも影響するでしょう。
Roger Bacon V: 確かに
gura: これから湿気の強くなる季節なのもあって、より警戒する必要もでるかもしれませんね・・
Roger Bacon V: 活性化するのか
Roger Bacon V: しないのか
Roger Bacon V: その辺りも
Roger Bacon V: 気になりますね
gura: ですね
Sun: ええ、とても気になりますね
Roger Bacon V: 興味は尽きませんが
Roger Bacon V: 我々は専門家ではないので
Roger Bacon V: ガバリス教授に
Roger Bacon V: 意見を聞いてみたいものです
gura: ですね
Roger Bacon V: いかにモンスターといえども
Sun: そうですね
Roger Bacon V: 生態系という意味では
Roger Bacon V: ダスタードの水エレは
Roger Bacon V: 固有種であります
Roger Bacon V: 固有種が駆逐されるようであれば
Roger Bacon V: それは一大事です
gura: おっしゃる通りですね
Roger Bacon V: それに
Roger Bacon V: 水エレと
gura: そうならないように守らないといけませんね
Roger Bacon V: ドラゴンの
YAMA: 淡水系の水エレは特に珍しいですね
Roger Bacon V: 奇妙な共棲
Roger Bacon V: 関係
Roger Bacon V: これについても
Roger Bacon V: 興味がありますね
Roger Bacon V: ふむふむ
Roger Bacon V: 淡水系の
Roger Bacon V: 水エレか・・・
Roger Bacon V: 海水の水エレと
Roger Bacon V: また違った
Roger Bacon V: 生態系なのかも
Roger Bacon V: しれませんね
Roger Bacon V: 温厚だとか
Sun: おっしゃるとおりですね
Roger Bacon V: うーむ
Roger Bacon V: 謎は尽きませんな
Roger Bacon V: ああ、そう言えば
Roger Bacon V: トクノには菌類研究家の「ミナカタ」という
Roger Bacon V: 友人がいるので、彼の意見も聞いてみたいと
Roger Bacon V: 思っています。

Sun: おお
gura: なるほど
Roger Bacon V: なかなかの変わり者なので
Roger Bacon V: 意見してくれるかどうか
Roger Bacon V: わかりませんが・・・
Sun: ふむふむ
YAMA: ふむふむ
Roger Bacon V: トクノの
Roger Bacon V: 湿潤な気候は
KENT: ヘイ、ベイビー。一杯おごるよ!
Bluey: いただくわ!
Roger Bacon V: 菌類研究には
Sun: えてして学者は変わり者が多いですな
Roger Bacon V: 最適だそうです
Roger Bacon V: そうなんですよ
Roger Bacon V: 禅都のような
Roger Bacon V: 都会を嫌い
Roger Bacon V: 隠遁生活を
Roger Bacon V: しているそうで
Roger Bacon V: 会いにいくにも
Roger Bacon V: 一苦労でした
Roger Bacon V: それから
Roger Bacon V: ダスタードと言えば
Roger Bacon V: 私の耳に入った情報によると、なんでもあの
Roger Bacon V: 水エレがいる湖で釣りをする猛者がいるとの
gura: なんと
Roger Bacon V: こと。血みどろの戦闘の中でも風雅を忘れない
Roger Bacon V: という心意気は流石、と言ったところですね。
gura: あの環境下で、ですか・・・
Roger Bacon V: ええ
YAMA: すごい!
gura: とてつもない猛者ですね
Roger Bacon V: 更に話を聞いたところ
Sun: 想像を絶しますね
Roger Bacon V: 弓で周囲のモンスターを
Roger Bacon V: 倒しつつ
Roger Bacon V: 矢が尽きると
Roger Bacon V: ケンタウロスを倒して
Roger Bacon V: 補給しているとか!
gura: なるほど!
Roger Bacon V: 持続可能な釣り生活だとか
gura: 今のこの異変による環境下ならではの
Sun: おお戦場になれているとは此のこと
gura: 活動方法ですね
Sun: 素晴らしいです
Roger Bacon V: すばらしい猛者ぶりですな
Roger Bacon V: なんとも
gura: 異変をも利用していくとは
Roger Bacon V: ブリタニア冒険者
Roger Bacon V: アイデア、知恵には
gura: 素晴らしい機転といいますか・・
Roger Bacon V: 頭が下がります
gura: おっしゃる通りですね
Roger Bacon V: なんともたくましいです
Roger Bacon V: 心強いです
Sun: 下がりっぱなしですよ

Roger Bacon V: あの
gura: 多くの冒険者はおそらく妖精族の登場で驚きを隠せないでしょうけど
Roger Bacon V: ダスタードで
Roger Bacon V: 釣りを楽しめるとは
Roger Bacon V: ええ
gura: そんな中でその考えに至るのは尊敬してしまいますね
gura: そして釣りを楽しんでおられる
gura: 素晴らしいです
Roger Bacon V: まさにそのとおりですね
Sun: 見習いたいものです
YAMA: 確かにそうですね
Sun: そんな余裕がないという
Roger Bacon V: ブリタニア
Roger Bacon V: 生活するものは
Sun: ((笑)
Roger Bacon V: モンスターを倒すのみが
Roger Bacon V: 生活にあらず
Roger Bacon V: 生産活動や
Roger Bacon V: 釣りや
Roger Bacon V: 様々な営みがある
Sun: おっしゃる通りですね
Roger Bacon V: 戦場で釣りをするというのも
gura: おっしゃる通りですね・・
Roger Bacon V: 立派な心意気ですね
Roger Bacon V: 見習いたいものです
gura: ですね
Roger Bacon V: そういえば
Roger Bacon V: モンスターを倒すと
Roger Bacon V: 緑色の
Roger Bacon V: 装備品が
Roger Bacon V: 出るらしいですが
Roger Bacon V: これを交換員に渡すと
Roger Bacon V: 不思議なアイテムが
Roger Bacon V: 多数交換出来るとのこと
Roger Bacon V: さっそく交換してみられた
Roger Bacon V: 方はいらっしゃるかな?
YAMA: はい
Roger Bacon V: おお
Roger Bacon V: どうでしたか
YAMA: まだ一品ですが
YAMA: エプロンを好感しました
YAMA: 交換しました
Roger Bacon V: エプロンですか
YAMA: はい
Roger Bacon V: どのようなものでしたか
YAMA: アルケミストのエプロンです
Roger Bacon V: ほほう
Roger Bacon V: アルケミスト
Sun: エプロンとは!
Roger Bacon V: そのような物まで
Roger Bacon V: 並んでいるとは
Roger Bacon V: ふうむ
YAMA: 新しい色のエプロンだったもので
Roger Bacon V: ええ
gura: おお
Sun: おお
YAMA: 布にほどけないか試したのですが
Roger Bacon V: なるほど
gura: おお
YAMA: 布にすることはできませんでした
Roger Bacon V: それは残念
Roger Bacon V: やはり
gura: おお・・・
Roger Bacon V: 不思議な力が
Roger Bacon V: あるんでしょうね
gura: そのような実験をされてるとは
gura: さすがです
Sun: むぅ
YAMA: 以前のトレジャーシリーズでも
Roger Bacon V: ええ
YAMA: 布製の製品をほどこうと
YAMA: 試みたのですが
Roger Bacon V: はい
YAMA: すべて不可能ということがわかり
Roger Bacon V: なんと
YAMA: 今回の物も
YAMA: 恐らくそうでしょうと思われます
Roger Bacon V: なるほど
gura: なるほど
Roger Bacon V: それにしても
Roger Bacon V: 可能性があれば
Roger Bacon V: 挑戦してみようという
Roger Bacon V: 心意気が
Roger Bacon V: 頼もしいですね
YAMA: はいw
gura: 素晴らしいですね
Roger Bacon V: さすが
Roger Bacon V: 博物館を
Roger Bacon V: 建てるだけのことは
Roger Bacon V: あられる
Sun: 素晴らしいチャレンジ精神ですね
gura: この実験結果は
Roger Bacon V: まさに
gura: 真似される方はなかなかいらっしゃらないでしょうし
gura: 貴重な結果だと思います
Sun: その他は
YAMA: ありがとうございます
Roger Bacon V: まさにその通りですね
Roger Bacon V: ああ
Roger Bacon V: 私は
Roger Bacon V: 不思議なアンクを
Roger Bacon V: 交換しましてね
Sun: おお
Roger Bacon V: 外見は小さいのですが
YAMA: おー
Roger Bacon V: そのアンクを
Roger Bacon V: 触ると
Roger Bacon V: トランメル
Roger Bacon V: フェルッカ
Roger Bacon V: トクノの
Roger Bacon V: 各神殿に
Roger Bacon V: 瞬時に移動出来るものでした
YAMA: それは高性能
Sun: 便利なものですね
Roger Bacon V: いやあ、実に便利ですね
Roger Bacon V: さっそく慈悲の神殿に
Roger Bacon V: 飛んでみましたが
Roger Bacon V: 相変わらずサソリが
Roger Bacon V: たむろしており
Roger Bacon V: いつも通りでした
gura: おお
gura: いつもどおりの風景として
gura: 平和を保つことができてるかどうか
Roger Bacon V: ええ
gura: いつでも確認しに行けるというのは
gura: 素晴らしいものですね
gura: なるほど
Roger Bacon V: そうなのですよ
Roger Bacon V: 以前私は
Roger Bacon V: 国王陛下に
Roger Bacon V: 慈悲の神殿を
Roger Bacon V: 視察に行き
Roger Bacon V: 異変がないか
Roger Bacon V: ご報告したことが
Roger Bacon V: あったのですが
Sun: ええ
Roger Bacon V: このアンクがあれば
Roger Bacon V: 毎月でも
Roger Bacon V: ご報告出来ると
Roger Bacon V: 思っております

YAMA: そうですね
gura: 素晴らしいです
Roger Bacon V: いやはや
Roger Bacon V: その他
Roger Bacon V: 交換された方は
Roger Bacon V: いらっしゃるかな?
gura: 自分はまだ交換の方はいたってませんが
gura: 緑色の装備について
Roger Bacon V: ふむふむ
gura: たまたま鞄に入ってましたので
gura: サンプル品として
gura: 一旦この場に置いておきます
Roger Bacon V: おおっ
Sun: おお
gura: こちらになります
Roger Bacon V: 女戦士のプト
Roger Bacon V: プレト
Roger Bacon V: ふむふむ
Roger Bacon V: この色は
Roger Bacon V: かの緑孔雀の色と
Roger Bacon V: 同じですね!
gura: こういった装備品が交換用のアイテムとなっておられるようですね
gura: あ
gura: ああ
gura: そのとおりですね
Roger Bacon V: なんと
gura: 言われてみると、あの妖精族たちと
gura: 同じ色になってるのですね
Roger Bacon V: 絶妙な一致ですね
Roger Bacon V: ふむふむ
Roger Bacon V: そこにあるのは
Roger Bacon V: ミナックスの紋章入り
Roger Bacon V: 装備
gura: おお
Roger Bacon V: そう言えば
Sun: おお
Roger Bacon V: 城の地下が
Roger Bacon V: 賑わっていましたね
Roger Bacon V: ふむふむ
Roger Bacon V: こういう緑色の
gura: 冒険者の活躍もあって
Roger Bacon V: 装備品が
gura: 大きく賑わってるようですね
Roger Bacon V: たくさん出現するわけですね
Roger Bacon V: 各地が
Roger Bacon V: 賑わうのは
Roger Bacon V: 実に喜ばしいこと
gura: ですね
gura: この
gura: 妖精族と同じ緑色の装備
gura: という
Sun: そうですね
gura: 同じ色になってることについては
gura: 何か意味のある要素になってるのかどうか
Roger Bacon V: ええ
gura: 気になるところですね
Roger Bacon V: そうですね
Sun: とても気になりますね
Roger Bacon V: 獣医としても
gura: ドラゴンの方は緑色になってはいませんが
YAMA: 気になりますね
Roger Bacon V: 突然変異なのか
gura: そうですね
Roger Bacon V: 必然の結果なのか
Roger Bacon V: 気になるところ
gura: とても興味深いです
Roger Bacon V: 今後の
Roger Bacon V: 研究対象に
Roger Bacon V: なりそうですね
Roger Bacon V: そのためにも!
Roger Bacon V: あの緑孔雀を
Roger Bacon V: なんとしても
gura: ですね
Roger Bacon V: テイムしたいところ
gura: たしかに
Roger Bacon V: 日々通ってみましょう
Sun: そうですね
gura: もしもテイムに成功すれば、何かとデータを得られる可能性を感じますね
Sun: 冒険者の皆様
Sun: に負けない様に
gura: 色んな方向で調査を進めていけるかどうか、考えていきたいですね
Roger Bacon V: そうですね・・・
Sun: われらもがんばらねば
Roger Bacon V: 妖精族ということですから
Roger Bacon V: この緑色の
Roger Bacon V: クーシーが
Roger Bacon V: 出現するかも
Roger Bacon V: !
gura: !
gura: たしかに
Sun: なんと!
YAMA: おお
Roger Bacon V: そうなると
YAMA: それは興味深いですね
gura: 人気が出る可能性もあるかもしれませんね・・
Roger Bacon V: 一大事ですな
Roger Bacon V: 興味はつきませんな
Roger Bacon V: gura首長ありがとうございました
gura: いえいえ
Roger Bacon V: 大事なものですから
gura: こちらこそありがとうございます
Roger Bacon V: おしまいください
gura: かしこまりました
Roger Bacon V: では着席しましょう
gura: 今回の異変について
Roger Bacon V: ええ
gura: こうやっていろんな
gura: 貴重な情報交換ができたこと
gura: 嬉しく思います
Roger Bacon V: その通りですね
Roger Bacon V: 素晴らしい
Roger Bacon V: では
Roger Bacon V: 次は首長会ツアーの報告をして頂こう。
Roger Bacon V: ベスパー首長殿、よろしくお願いします。
Sun: 先月は1度スカリス討伐を行いました。
Roger Bacon V: ふむふむ
Sun: 今回も各地から多くの冒険者が集まり、10匹以上のスカリスを討伐しました。
Roger Bacon V: 私も同行させていただきました
Sun: その節はありがとうございました
gura: 素晴らしいです
Roger Bacon V: こちらこそ
Sun: リバイアサンやクラーケンの魔物達も手強いのは周知のごとく
Roger Bacon V: ええ
Sun: それらを上回るほどの冒険者の腕前、大変頼もしく感じ入りました。
Roger Bacon V: その通りですね
Sun: 陸の警備のみならず海の警備もまた怠りなく継続したいものです。
Roger Bacon V: 私も
Roger Bacon V: スカリス討伐で
Roger Bacon V: 副産物を
Roger Bacon V: 手に入れまして
Roger Bacon V: ありがたく思います
Sun: おお
Sun: そうでしたか
gura: おお
Roger Bacon V: はい
Roger Bacon V: 小型ソウルフォージ
Roger Bacon V: を手に入れました
Sun: どのようなものでしたか?
Sun: おそれはなんと貴重な物を手にされた事よ
YAMA: それはおめでとうございます
Sun: 羨ましい限りです
Roger Bacon V: ありがとうございます
Roger Bacon V: 私は
Roger Bacon V: 蘇生班だったのですが
Roger Bacon V: 交代してやろうという
Roger Bacon V: 奇特な方がいらっしゃり
Sun: ふむふむ
Roger Bacon V: その方がいらっしゃらなければ
gura: おお
Roger Bacon V: 不可能だったでしょう
Sun: 優しいおお
Roger Bacon V: 心より感謝いたします
gura: 蘇生班として徳を積んだからこその
gura: 素晴らしい結果だったのかもしれませんね
Roger Bacon V: そうであれば
Roger Bacon V: なんとありがたいことか
YAMA: そうですね、日頃の行いですね

Sun: そのように思います
Roger Bacon V: ありがたい
Sun: 準備から
gura: おめでとうございます。
Sun: 全てをお願いしておりました
Roger Bacon V: あの日は
gura: 次はその後退してくださった方にも
Sun: 完璧な
Sun: お手配でした
gura: 交代してくださったかたにも
Roger Bacon V: 特に激しい戦闘が続き
Roger Bacon V: 蘇生班も
Roger Bacon V: 多忙でした
gura: 良いことがあってほしいものです
Roger Bacon V: そうですね
Sun: そうですね
Roger Bacon V: 祈りましょう
Roger Bacon V: では次に、継続してユー首長殿にお伺い
Roger Bacon V: している、ブリタニアの作物の生育状況に
Roger Bacon V: ついて。
gura: はい
Roger Bacon V: 前回の議事録を拝見すると、チョコレートの
Roger Bacon V: 生産が捗っていたり、新しく美味しい食べ物の
Roger Bacon V: 開発が行われようとしていたり、食の探究は
gura: はい
Roger Bacon V: とどまるところを知りません。
Roger Bacon V: 今回のダスタードの変事も、突き詰めれば
Roger Bacon V: レリビニアンの実験の副作用としての菌類の
Roger Bacon V: 異変が原因とも言えます。
gura: おっしゃる通りです
Roger Bacon V: 食物連鎖の中に組み込まれてしまったこの
Roger Bacon V: 菌類は、ブリタニアに様々な影響をもたらし
Roger Bacon V: ています。
gura: はい
Roger Bacon V: それを踏まえて、ユー首長殿のご意見を
Roger Bacon V: 伺いたいと思います。
gura: そうですね
gura: おっしゃる通りで、私個人としては菌類
gura: いわゆるキノコ類を食用に
Roger Bacon V: ええ
gura: 人間の食べ物として活用していくことができないかどうか
Roger Bacon V: ふむふむ
gura: 研究していくのも良いのではないかと考えます
Roger Bacon V: そう言えば
Roger Bacon V: トクノには
Roger Bacon V: 菌類と豆を使った
gura: 動物たちを狂暴化させている、という話もありますので、注意は必要ではありますが
Roger Bacon V: 食べ物があるとのこと
gura: おお
Roger Bacon V: ふむふむ
Roger Bacon V: なんでも
Roger Bacon V: ナットウ
Sun: おおお
gura: それは興味深い
Roger Bacon V: とかいうそうで
gura: トクノの料理事情ももっと研究していきたいですね
Roger Bacon V: 私はちょっと苦手な香りなのですが
gura: なっとう!
Roger Bacon V: ええ
Roger Bacon V: 生産者に
gura: なるほど
Roger Bacon V: 話を聞いてみると
Roger Bacon V: ソバと合わせると良いとか
gura: なるほどなるほど
Roger Bacon V: トクノの
Roger Bacon V: 秘境では
Roger Bacon V: 麺類の開発も
Roger Bacon V: 行われているようです
Sun: 知らなかったです
gura: なるほど
gura: なっとうにつきましては
gura: 友人になっとうを好物とされてる方がいらっしゃるので
gura: 今度詳しく聞いてみたいものです
Roger Bacon V: ほう
Sun: おお
Roger Bacon V: それは頼もしい
Roger Bacon V: よろしくお願いします
gura: それと、
Roger Bacon V: はい
gura: とくのでは、7月10日は
gura: なっとうの日とされてるとか
gura: 聞いたことがありますね・・
Roger Bacon V: なんと
Sun: !!

Roger Bacon V: もしや
gura: 2か月後の話になりますね
YAMA: なんと!
Roger Bacon V: それは
Roger Bacon V: 語呂合わせという
Roger Bacon V: ものでしょうか
gura: 恐らくそうだと思われます
Roger Bacon V: 縁起をかつぐのは
Roger Bacon V: トクノの風習と
Roger Bacon V: 聞いたことが
gura: トクノの文化にまつわるものですね
Roger Bacon V: ありますね
Sun: そうですね
gura: おっしゃる通りですね
gura: なっとうに関しましては
Roger Bacon V: ええ
gura: ブリタニアでは研究はまだあまりされてないでしょうし
Roger Bacon V: そうでしょうねえ
gura: とてもとても
gura: 興味深いこととして
gura: 1つ頭の中に入れておきたいと思います
Roger Bacon V: そう言えば
Roger Bacon V: トクノの
Roger Bacon V: SAKE
Roger Bacon V: は
Roger Bacon V: 菌類を使って
gura: 菌類の研究の1つの要素として役立つかもしれませんね
Roger Bacon V: 仕込むとか
gura: おお
Roger Bacon V: 聞いたことが
Roger Bacon V: ありますね
gura: なるほどなるほど・・
Sun: おお
Roger Bacon V: そういうことですと
Roger Bacon V: トクノと
Roger Bacon V: 菌類の
Roger Bacon V: つながりは
Roger Bacon V: 深そうです
YAMA: 酒類のほとんどがそうですね
Roger Bacon V: そうですね
Sun: そういわれてみれば!
gura: 食文化の発展に大きく影響がでるかもしれませんね
gura: 今回のダスタードの菌類については
Roger Bacon V: ええ
gura: 研究を深める必要性を
gura: 今改めて考えさせられました
Roger Bacon V: ブリタニア
Roger Bacon V: 食料事情に
Roger Bacon V: 大きく寄与するかも
Roger Bacon V: しれませんね
gura: そうですね
Sun: そうですね
Roger Bacon V: SAKEにせよ
Roger Bacon V: ナットウにせよ
Roger Bacon V: 興味深い食材ばかりです
gura: おっしゃる通りです
Roger Bacon V: イハラ・ソコ氏なら
Roger Bacon V: 新たな菌類
Roger Bacon V: 食物を
Roger Bacon V: ご存知かも
Roger Bacon V: しれませんね
gura: 興味深いですね
Roger Bacon V: バート吉岡氏にも
Roger Bacon V: 聞いてみなければ
Roger Bacon V: こうなると
Roger Bacon V: トクノとの
Roger Bacon V: 交流が
Roger Bacon V: 望まれますね
gura: そうですね
Sun: 確かに!

gura: トクノとの交流は大切だと思います
gura: この
gura: 菌類の研究の進み方次第絵は
gura: もしかすると
gura: 今回の動物の狂暴化を抑える方法を得られる可能性もありますし
Roger Bacon V: おお
Sun: おお
Roger Bacon V: それは素晴らしい
YAMA: おお
gura: まだ可能性の段階なのですが
Roger Bacon V: ふむふむ
gura: 考えていく必要はあるのかなと
gura: 思いますね
Roger Bacon V: そうですね
Roger Bacon V: 緑色に
gura: これから湿気の多い季節ですから
YAMA: 毒も薬になることもあるので
Roger Bacon V: 変化したのも
Roger Bacon V: 何か意味があるのかも
YAMA: 調節次第では
gura: 研究もはかどりそうな気もします
Roger Bacon V: しれませんしね
gura: ですね
YAMA: いい方向に向かうかもしれませんね
Roger Bacon V: そうですね
gura: おっしゃる通りです
Roger Bacon V: 言われてみれば
Roger Bacon V: 毒ポーション
Roger Bacon V: 緑色ですね
gura: ですね
YAMA: 確かに
Roger Bacon V: 色合いは
Roger Bacon V: 違いますが
Roger Bacon V: 似通っているのかも
Roger Bacon V: しれません
gura: そういえば
gura: ガーデニングに毒ポーションを活用されることもあるのですが
Roger Bacon V: おお
gura: 何かを育てるためにも
gura: そういったものの活用をされるケースを考えると
Roger Bacon V: 毒も使いようと
gura: 毒の研究も発展のためには必要になるのかなt
Roger Bacon V: いうことですね
gura: ですね
gura: その通りです
Roger Bacon V: うーむ
Roger Bacon V: 興味は尽きませんね
Sun: 両輪での研究ということでしょうね
gura: ですね
Roger Bacon V: ふむふむ
Roger Bacon V: あと
gura: 我々は専門家ではないですが、
Roger Bacon V: ええ
Sun: はい
gura: 専門家でもない我々がこれだけ可能性を考えられるとすると
gura: 専門家に訪ねて行けば
gura: もしかすると得られるものも多いのかなと
Roger Bacon V: まさにその通りですね
YAMA: そのとおりですね
Roger Bacon V: 今後に
Roger Bacon V: 期待しましょう
gura: おっしゃる通りです
Sun: それは楽しみですね
gura: 期待したいですね
YAMA: そうですね
Roger Bacon V: それと、最近リーパーが魔法を思い出した
Roger Bacon V: という報告を受けました。何もしなくても
Sun: そうですね
Roger Bacon V: 不気味な存在でしたが、魔法を詠唱しだした
Roger Bacon V: となると、生産者…特に木こり・大工を
Roger Bacon V: 生業にする者にとっては死活問題であります。
gura: おっしゃる通りですね・・
Roger Bacon V: 彼らの生業を保護するためにも、各首長殿は
Roger Bacon V: 警戒を続けてください。
gura: かしこまりました
gura: たまに
YAMA: かしこまりました
Sun: 承知いたしました
gura: 魔法のリコールを使用するときに
Roger Bacon V: はい
gura: 数十秒間気絶してしまわれる方もいるそうで
gura: その時にリーパーが近くにいると
gura: 非常に危険ですので
Roger Bacon V: 先日の私ですね、それは
gura: こういうのは注意していく必要がありますね
Roger Bacon V: いやあ、まさに
gura: どうしても防ぐのは難しいものでもありますので
Roger Bacon V: ええ
Sun: そうですね
gura: それで被害が出た場合に
gura: お互いに助け合えるよう
Roger Bacon V: そうですね
Sun: はい
Roger Bacon V: では、最後に傍聴席の皆様からご発言があれば
gura: 頑張っていきたいものですね
Sun: この件もまた
Roger Bacon V: お伺いします。

YAMA: そのまえに
YAMA: よろしいでしょうか
Sun: 留意していきたいものです
Roger Bacon V: はい、どうぞ
YAMA: はい
YAMA: 前回お話させていただきました「布博物館」の件ですが
Roger Bacon V: ええ
YAMA: SUN首長並びに各街の首長様や市民の皆様のご協力もあり
YAMA: 今週の土曜日、14日にOPENする運びとなりましたことをご報告させていただきます。
Roger Bacon V: おおお
gura: おお
gura: ぱちぱちぱち
Roger Bacon V: それは祝着
Roger Bacon V: ぱちぱちぱちぱち
YAMA: 先々週の「大和さん」で、博物館内のご案内をさせていただきましたが
Sun: ぱちぱちぱち
YAMA: 新たに入手できました「ジェロームニュース5月号」も展示いたしまして
Roger Bacon V: ふむふむ
YAMA: すでに入手困難、または入手不可能となった布などを通じて、
YAMA: ブリタニアの歴史を、皆さんに見ていただけたらと思います。
Roger Bacon V: ぜひお伺いします
YAMA: 以上です
gura: 素晴らしいです
Roger Bacon V: ありがとうございました
KENT: ぱちぱち
Sun: ぱちぱちぱち
Roger Bacon V: ぱちぱちぱち
gura: ぱちぱちぱち
Roger Bacon V: 傍聴席の皆様
Roger Bacon V: ご発言はありますでしょうか
Roger Bacon V: なければ今期の評議会(仮)はこれで最後と
Roger Bacon V: なります。
Roger Bacon V: 6月は首長選挙がありますので、開催は見送り
Roger Bacon V: 次回は7月の開催としたいと思います。
gura: なるほど
gura: かしこまりました
Roger Bacon V: 日程につきましては、第21期の広報担当首長殿
Sun: 承知いたしました
Roger Bacon V: より周知があるはずです。
Roger Bacon V: 立候補を予定される方は、準備を怠りなきよう
Roger Bacon V: お願い致します。
gura: はい
Sun: はい
Roger Bacon V: それでは、第20期の評議会(仮)はこれをもって閉会とします。
YAMA: はい
Roger Bacon V: 皆様ご起立下さい。
Roger Bacon V: ブリタニア万歳!
gura: ブリタニア万歳!
YAMA: ブリタニア万歳!
Roger Bacon V: 国王陛下万歳!
Bluey: ブリタニア万歳!!
OGA III: ブリタニア万歳
Roger Bacon V: ブリタニア万歳!
KENT: ぱちぱち
KENT: ぱちぱち
YAMA: 国王陛下万歳!
Sun: ブリタニア万歳
Roger Bacon V: 以上です
Roger Bacon V: ありがとうございました

f:id:Sun_YMT:20210702233242p:plain

大和評議会

引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

 

(告知) 大和海戦 Day1: 初心者向けデモ (5/11 22:00-23:00) 

大和首長会広報担当のSunです。

 

過日ご案内いたしました大和海戦予定関連、来週5/11(水)はDay1を予定しています。今回は海戦初心者向けのデモを予定しています。海戦が初めてという方々やご興味がある方は、この機会にご参加頂けますようお待ちしております。

 

今回もまた「初心者/復帰者中心として誰でもフラッと気軽に参加可能」を大方針としていますが、海戦は「未踏の航路」適用者限定となりますので、何卒ご了承頂きたくお願いいたします。


※ 基本ルールや海戦準備に関して、海戦経験豊富な出雲シャードのゲンゴロウさん、そしてミケさんより過去事例やアドバイスを頂戴いたしました。深謝申し上げます。

※ 以下実施概要及び基本ルールはデモ用となります。この内容をベースとして模擬戦及び本戦迄、必要箇所を修正/追記いたします。

 

sun-ymt.hatenablog.com

 

【スケジュール】

日時: 2022/5/11 (水)22:00-23:00
集合場所: 大和ベスパー銀行前
実施場所: 大和フェルッカ
実況: YouTube配信「大和さん」

 

【実施概要】

  • ガーゴイル船を使用します。
  • 実戦形式(1vs1)として2隻によるデモンストレーションを行います。
  • 出発時にチーム分けをします。ご参加の方々はどちらかのチームにお入り下さい。
  • 陣地に移動、乗船、直ぐに戦闘を開始します。今回はデモの為、戦闘時間は30分~40分を想定しています。
  • 見学者用船も海域内に配置しますが今回は乗船不可。見学希望の方々は次回以降をお待ち下さい。
  • 試合開始から5分以内にリーダーが何らかの理由で接続不能になった場合、競技をやり直します。
  • 船が撃沈状態になった場合、砲撃を直ちに停止して、各船員毎撃沈マーカーを甲板上に置いて下さい。

 

【基本ルール】

#1_人数と構成:

  • 1チーム3名として、操舵担当1名、他2名は砲手となります。但し、操舵担当も大砲を発射する事も可能です。
  • 操舵担当が船長です(黒チーム:YAMAさん、赤チーム:Zariganiさん)
  • デモ中に各チーム内での役割変更も随時可能です。今回ご参加される方は各艦の船長に相談しながら順番にご体験下さい。

#2_ 海域/境界線:

  • フェルッカ側のマジンシアとオクロー島(トラメル側の場合にはニューヘイブンのある島)の中間地点で行います。
  • 想定座標は東経148~162度、南緯48度~67度です。※ 多少ずれる可能性あり
  •  事前に境界線(船が目印)配置を完了しておきますが、念の為、両チームとも海域に入ったら境界線を確認して下さい。

海域/境界線配備図

#3_禁止事項:

  • 大砲以外の攻撃(魔法・武器・紫ポーションその他)は一切禁止です。また、配布した砲弾以外(散弾等)も使用禁止です。
  •  試合中は競技海域から外に出ないようにして下さい。
  •  自動反撃で相手チーム選手を傷つけてしまう恐れがあるので、弓・ブーメランは装備しないで下さい。

#4_事前配布:

  • 導火線、砲弾、撃沈マーカー等々、海戦に必要なアイテムを集合時に配布しますので、御身一つでご参加下さい。

#5_その他:

  • 今後本戦迄フェルッカで実施します。今後の状況に鑑み、海域は移動するかもしれませんが、その場合には改めてお知らせします。
  • ご不明な点或いはご懸念ありましたら、大変お手数でもご連絡頂ければ有難いです。

 

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

トレジャーイベント関連:The Mycorrhizal Mystery (翻訳)

Treasure of Fay Wrathで各ページ入手可能な伝承の書(標題日本語:"菌根の秘密")の翻訳です。5/8 大和非公式大和評議会(仮)用手元資料で拙い翻訳ではありますが、ご興味のある方はご一読頂ければ幸甚です。

 

#1

普通のウサギが色鮮やかな卵を産むという話を初めて聞いた時、私は全くナンセンスな話だと切り捨てました。それは、道化者が周りの人達の笑いを取ろうとしようとするような戯言に過ぎないと思いました。だって、ウサギが卵を産む訳が無い事は、教養のある人なら誰でも知っていることですから。

しかし、私の思い違いでした。ブリタニア各所で発見される卵の色は大変鮮やかなだけではなく、ウサギ自身の色もまた変化を始めていたからです。そして、遂にムーングロー動物園では、これらのウサギは実際に卵を産んでいると判断しました。

 

#2

 

このニュースに市民達は熱狂しました。そして、ウサギ達を捕獲して、各自の鑑賞の為に沢山の種類の卵を集めるようになりました。更に、商人達ですら、お店を開いて自分達の大切な品物や持ち物をそれらの卵と交換する事を始めました。

 

しかしながら、スカラブレイのレンジャー達が、他の動物達も卵を狙っている事を発見した時に、私達は何かが進行中であることを知るべきでした。これらの卵の近くにいる動物達は、卵に魅了されて異常な行動パターンを取るようになっていたようですから。

 

#3

スカラブレイのレンジャーズ達は、これらの動物達の移動経路を追跡しながら、北の山々の奥深くに到達しました。そして、これらの動物たちの奇妙な動きは、人里離れたウィンドの魔術師達の注意をも引きつけました。

しかし、これらの動物達に近づこうとすると、普段はおとなしい動物でさえも非常に攻撃的になるのです。どうやら、動物達を引き付けている何かが、それが攻撃的であるのと同様に、動物達を攻撃的にさせているようなのです。

 

#4

ウインドに隣接した山中で動物達が集結するとの噂が広まると、市民達は大挙して押し寄せて、自分達のコレクションの為により多くの卵を集めようと動物達の殺戮を始めました。

 

このような野蛮な行為は、妖精(フェイ)の女神アルティオを呼び覚ましました。アルティオはこの殺戮を止めるためにウィンドに降り立ちました。しかし、アルティオは市民達に圧倒され、アルティオが守ろうとした動物達と共に一緒に殺されてしまいました。

 

#5

一体なぜこのような事態となったのでしょうか?
一体なぜ普通のウサギが突然変異して、普通の動物達がウサギ達の卵に魅了されたのでしょうか?

 

ウィンド出身のゼディカスというメイジは、卵には魔法が掛けられている事を突き止めました。そして、その魔法はレルヴィニアンにしか掛けられない事も分かりました。しかしながら、ヘッジメイズとレルヴィニアンの古い工房を調査したものの、貴重な情報は得られなかったようです。彼の工房は、彼が国王陛下の前で失態を犯して姿をくらませて以来ずっと放置されたままとなっていました。

 

#6

ところが、その工房の裏側では発見がありました。非常に珍しい色と大きさのキノコが大量に生えていたのです。そのうちの一つのキノコは、家程の大きさで不自然な色に光っていました。その様子を確認した一人の熱心な冒険者が、「このキノコの突然変異は今回の異常事態と何か関連性があるのか?」詳しい事を教えてくれる人を探すためにこのキノコのサンプルを採取しました。

 

#7

キノコのサンプルは、私の古い友人で有名な菌類学者のリーランドに持ち込まれました。リーランドは、イルシェナーのTwisted Wealdの近くで菌類の研究している学者ですが、彼程の博学の者でさえ、そのキノコはこれまで見たこともないようなもの、と判断しました。これまで何千種類ものキノコを見てきたリーランドにとって、このキノコは非常に重要な研究対象ではありましたが、同時に不安が掻き立てらるものでした。なぜなら、そのキノコには、不思議な装飾が施された卵と同じ魔法が掛けられていたからです。

 

#8

調査を進めて行くと、この魔法は、ヘッジメイズでのレリビニアンの実験の副作用として、意図せずに発生した事が判明しました。その地域に生息する菌類は、菌根を形成して他の植物と共生関係を結びながら、魔法を吸収するようになっていました。そして、これらの菌糸体はその地域で出現するようになり、他の植物や木の根に絡みつきながら、更に多くのキノコを作り出していきました。そんな大地の状況とはつゆ知らず、冬眠から覚めた動物達はこれらの植物やキノコを食するようになっていました。

 

#9

動物がこのキノコを食べるだけでなく、チャレンジ精神旺盛な市民達は、このキノコを使用して、通常では決して得られないような結果を得ていました。ある園芸家はキノコを粉末にして植物に与えてみたところ、その植物は驚異的な成長しました。あるオウムの飼育係は、新種のオウムを作るための受精卵としてキノコを利用しました。ある鱗翅目(りんしもく)学者もまた、このキノコの産地近くで育てた蝶には、驚くべき体面と色彩が出現した事を発見しました。

 

#10

単なる菌類が、これほどまでにブリタニアの地を変えることができるとは、本当に信じられない事です。非力な菌類にこれほどまでの力があるというのであれば、意思を持った人間が何事かを行おうと意図した場合には、どの位の事ができるのでしょうか?

 

リーランドが彼らに魅了されるのも無理はありません。私は人生の大半をメイジとして過ごしてきましたが、菌類や菌糸類、菌根の複雑な仕組みをすべて理解したふりをするつもりは全くありません。ただ、まだまだ謎だらけという事が理解できたのみです。

 

/EOD

(告知)2022/5/8 (日)22:00~23:00「非公式大和評議会(仮)」開催のご案内

大和首長会広報担当のSunです。来月もまた「非公式大和評議会(仮)」の場で大和首長達が各街間の情報共有と連携を執り行う事となりました。

※大和評議会の再開迄となりますが、昨年同様この集まりを毎月一回(毎月第一週目の日曜日22:00-23:00)のサイクルで開催いたします。

f:id:Sun_YMT:20210702233242p:plain

評議会

1. 前回(2022/4/3) 議事内容:

イースターの話題を中心に、出席各首長から直近の活動報告の他、今後の活動予定の共有がありました。詳細は前回議事メモをご参照ください。

 

sun-ymt.hatenablog.com

2.  今回(2022/5/8) 議題予定:

4月の活動報告等々

 

3.  スケジュール

■ 実施日時: 2022月5月8日(日)22:00~23:00

■ 集合場所: ブラックソーン城『評議の間』

■ 議事進行: ブリティン首長

■ 記録:YouTube配信「大和さん」担当による実況中継

 

※ 大和評議会の大原則(公式"Council du Roi"より): 

評議会は、ロールプレイコンテンツです。ロールプレイが好きなプレーヤーが、首長として、或いは市民として、王や国家とのよりインタラクティブな関わりを可能にする枠組みとして創設されたコンテンツです。あなたは一歩評議会会議室に足を踏み入れた瞬間から、首長として、あるいは市民として、その役割に徹することが求められます。

 

※ マナー&ルール:

従来通りの大和評議会ルール/マナーに準拠した行動をお願いいたします。

 

※ お手元資料:

「九街憲章」(製本版)をご所望の方がいらっしゃれば、ブリティン首長或いはベスパー首長までご連絡下さい。

 

 

何卒よろしくお願い申し上げます。